1. HOME
  2. だしの作り方や取り方昆布だしの取り方・作り方!昆布だしの特徴や使い方

昆布だしの取り方・作り方!昆布だしの特徴や使い方

昆布だしの取り方・作り方!昆布だしの特徴や使い方

昆布だしといえば、出汁のなかでも有名なもののひとつです。コクやまろやかさを感じさせてくれる、安心できる味と言っていいでしょう。しかし折角なら美味しい昆布だしを取りたいと思いませんか?是非昆布だしの魅力を知って、美味しいお出汁を作りましょう。

昆布だしの魅力を是非知ってみてください

昆布で取る出汁は、とてもまろやかさがあり優しい風味が特徴です。昆布と言えばお出汁以外にも、そのまま食べたり煮物に入れたりと色んな食べ方で楽しむことが出来ます。我々日本人にとって馴染みのある食材の一つでもあり、昆布を使うことで旨味をアップさせることが出来ます。

昆布だしを美味しく食べる方法は?

昆布は色んな料理法によって美味しく食べられますが、やはり「昆布だし」として活用するのがおすすめです。一般的なだしに使われる昆布としては羅臼昆布や真昆布などが、出汁をとるのに向いていると言われています。それぞれの産地によって味や香りなどに違いがあり、お好みのものを選んで出汁をとるのがおすすめです。

昆布だしの取り方は?

昆布だしを美味しくとる方法は簡単です。まず昆布の表面を絞ったふきんでサッと軽く拭いていきます。このとき絶対に水洗いはしないこと。表面には旨味成分がたっぷりとついているので、あくまでもサッと汚れを取る程度に留めてください。昆布の量に合わせた水を用意し、そのまま30分ほど昆布をつけておきます。その後火にかけて中火で煮込み、沸騰する前に昆布を取り出します。このとき昆布を煮すぎないこと。ねばり気が出ているとそれはもう煮すぎになりますので、見極めが肝心です。

基本のやり方をマスターすれば誰でもできます

だしを取る方法は特に難しいことはありません。水の分量や煮すぎないこと、これらに注意すれば誰でも簡単に美味しい出汁を摂ることができます。コツはしっかり目を離さずタイミングを逃さないこと。何度か作っていくうちに、じっと張り付いてなくともできるようになりますので、まずは何度か作ってみることから始めてみましょう。

昆布だしを色んな料理に活用してみよう

昆布だしを美味しくいただくためにはどのような料理が向いているのか、是非ベストな組み合わせを覚えてみましょう。

上品な味わいのものに向いている

先ほどご紹介した煮出す方法では、湯豆腐や鍋料理が向いていると言われています。いずれも素材の味を引き立てる存在となってくれますので、是非美味しい出汁をつくって料理のグレードをアップさせましょう。市販の出汁に頼らなくても、十分美味しく作ることが出来ます。

一番だし、二番だしとして

また、昆布にかつお節を加えることで一番だし、二番だしとして出汁をとるのもおすすめです。一番だしはうどんやそばなどの麺類に合う出汁ですし、上品でよい香りを堪能することができます。香りをそのままダイレクトに味わいたい、という料理におすすめです。二番だしの場合は煮物やお味噌汁など味を加えるものに向いています。美味しい出汁とちょっと調味料を加えることで、一段と味に深みが生まれるので是非試してみてください。

昆布だしを覚えればなんでも応用できます

とてもシンプルな出汁の取り方ですが、これを覚えるだけで様々な料理に活かすことが出来ます。だしパックなどに頼るのももちろんそれはそれでいいのですが、もし機会があれば是非ご自分の昆布だしを作ってみてください。今までとはまた違った美味しさを味わえること間違い無しです。身近な素材を使って作る出汁は色んな料理をおいしくさせてくれます。是非昆布の持っているうまみや風味を存分に味わえるよう、色んな料理にチャレンジしてみてください。きっと美味しく楽しくなりますよ。

人気No1の出汁はお茶村の旨味だし

© 2019 出汁職人ラボ All Rights Reserved.