1. HOME
  2. だしの作り方や取り方煮干しだしの取り方・作り方!煮干しだしの特徴や使い方

煮干しだしの取り方・作り方!煮干しだしの特徴や使い方

煮干し

昆布だしやカツオだしに比べると手間がかかるイメージのある煮干しだしですが、その味は他のだしとはまた違ったもの。ぜひ多くの人に味わってほしいので今回は煮干しだしの取り方・作り方、さらに特徴や使い方まで一挙に紹介しましょう。興味のある方はメモ帳片手に要チェックです。

煮干しだしって?

もはや名前の通り、煮干しから作っただしのことですね。豊かな風味からラーメンに使われることも多く、最近は煮干しラーメンの専門店まで登場しているんだとか。煮干しと言えばイワシのイメージですが、他にもアジやサバ、トビウオなどを煮干しにすることもあります。ちなみに、よく「煮干しだし」と「いりこだし」を一緒に見かけませんか。これらは実は同じもの。主に関東では煮干しだし、関西ではいりこだしと呼ぶようです。よくある地域によって呼び名の違う食材のひとつですね。

煮干しだしの取り方・作り方

今回の本題ともいえる煮干しだしの作り方を見ていきましょう。用意する材料は煮干しと水だけ。分量は煮干し20gに対して水は5カップ程度です。材料が用意出来たら、まず煮干しの頭とはらわたを取り除きます。なかなかに面倒な作業ですが、これをやらないと苦みや臭みが出てしまいます。美味しく食べるためにも必ず取り除きましょう。

終わったら煮干しを水にさらして30分以上待つ。30分以上たってふやけたら、そのまま火にかけて煮込みましょう。この時、アクが出てきたら火を弱めて取り除きます。最後にペーパータオルで漉したら完成。後は料理に使うだけです。ちなみに、残った分は冷蔵庫で保存可能ですが、そこまで長くはもちませんのでなるべく早めに使い切るようにしてください。いろいろな料理に合うので、使い切るのはそこまで大変じゃないと思います。

簡単な作り方も!

頭やはらわたを取り除く作業が結構面倒な煮干しだし。実は簡単に作る方法も存在します。その方法とは煮干しを水につけて一晩おくだけ。頭やはらわたを取り除く必要はなく、本当に水につけて冷蔵庫で保存するだけです。一晩経つとうっすら黄金色のついた綺麗なだしが完成。生臭さなどはなくアッサリした味わいで、こちらも様々な料理に合わせることができます。面倒くさがりな方はこちらの方法がおすすめです。

煮干しだしの特徴

煮干しだしの特徴と言えばすっきりした味わいや香り、そして豊富な栄養素でしょう。煮干しだしには鉄分やEPA、DHA、タウリン、たんぱく質、カルシウムなどの栄養が豊富に含まれています。中でも鉄分は女性に必須ともいえる栄養素。摂取することで赤血球がきちんと働き貧血を解消してくれます。特にダイエット中の女性などは鉄分不足から貧血に発展しがちなので、煮干しだしをきちんと摂取しておきましょう。

EPAやDHAは魚と言えばの成分ですね。これらには学習能力を高めたら血流をよくする効果があり、生活習慣病の予防にも役立つでしょう。他にもタウリンが肝機能を正常に戻して疲労を回復させたり、カルシウムが骨を強くして骨折を防いだり。多くの栄養による多くの健康効果が期待されます。

煮干しだしの使い方

煮干しだしは味噌汁に使うのがおすすめ。あっさりした味わいで朝食のお供にもぴったりです。また、アサリやシジミといった貝類は同じ魚介類だけに相性抜群。どちらも栄養満点の食材なのでぜひ組み合わせてみてください。味噌汁だけでなく、各種スープに使うのもいいですね。シンプルなもやしのスープや、卵とじのわかめスープ、けんちん汁などなど。また、冒頭で話したようにラーメンとの相性がいいので、生めんを買ってきて自家製ラーメンにチャレンジしてみてはどうでしょう。ついついスープも飲み干したくなる絶品ラーメンが簡単に完成しますよ。

煮干しだしは誰でもチャレンジしやすいのが魅力

多くの方が「だしをとるのって難しいんじゃない?」という印象をお持ちのようで、なんとなく敬遠されがちかもしれません。確かにサッと混ぜればそれで終わりの顆粒タイプのだしに比べると、わざわざ鍋を用意し水をはって煮込んで、という手間をかけることを考えれば難しさを感じるかもしれません。しかし、一度やってみるとわかるのですが「なんだ意外と簡単にできるんだ」と思われることが殆どのようです。

なかでも煮干しはスーパーなどどこでも手に入りやすい素材の一つですので、すぐに購入して作ることが出来るという点から非常にハードルが低いです。また価格も比較的安いことから、まず手始めにだしをとってみよう、という方でもチャレンジしやすいというのが魅力としてあげられるでしょう。やらなければならない下準備もハラワタと頭を取り除くだけと難しいものではありません。

特別な知識がなくとも、だれでもすぐにチャレンジしやすいこと。もしかしたら、小学生の頃など、調理実習で一度やってみたことがあるという方もいるかもしれません。それぐらい一般的なものですので、難しい!と頭から決めつけてしまわないことをおすすめします。

煮干しは高いものほどいいもの?

煮干しを購入する際に悩まれるかもしれないのが値段です。ものによって多少数百円の差があるなど、普段余り食べたりしない者から見ればどれがいいものかを判断するのは難しいかもしれません。ですので、最初はそれほど効果なものを購入するのではなく、比較的手頃な価格のできれば小さめのサイズの袋のものを選ぶことをおすすめします。たくさんだしをとりたいと思うあまり、ついお得な大容量パックを選んでしまいがちですが、もし味が合わないとなるとどうしても余ってしまう可能性が高くなります。

また、煮干しも新鮮な状態のものを作ることで香りの良いだしを作ることが出来ますので、一度開封してそのまま放置してしまうことはあまりいいことではありません。確実にたくさんだしをとる機会がある、使い切る自信があるという場合をのぞいては少し少なめかな?と思うものを選ぶことから始めてみましょう。

だしをとることに慣れれば、適切な量を見極めることも出来るようになりますので、まずは無理のない範囲を選ぶこと。自分の許容範囲を超えたことをやろうとしないことをおすすめします。だしは焦らずゆっくりととればいいのです。

人気No1の出汁はお茶村の旨味だし

© 2019 出汁職人ラボ All Rights Reserved.