1. HOME
  2. だしの作り方や取り方野菜だしの作り方!野菜だしの特徴や使い方

野菜だしの作り方!野菜だしの特徴や使い方

野菜だしの作り方!野菜だしの特徴や使い方

美味しい出汁は様々な素材からとれることをご存知でしょうか?日本における一般的な出汁といえば「いわし」や「あじ」などがイメージされますが、それ以外にも美味しい出汁を取る方法はたくさんあるんです。そのなかのひとつ「野菜だし」について今回はお話していきましょう。

家計にも優しい「野菜だし」の取り方とは?

出汁をとる、というと煮干しやかつお節などのお魚から取るイメージをお持ちの方も多いでしょう。一般的に販売されている出汁も、これら魚を使ったものが多いので当然と言えば当然です。しかし、それ以外にも美味しい出汁が作れることをご存知でしょうか?そのなかでも今回おすすめしたいのが「野菜だし」の作り方についてです。

「野菜だし」は家庭にあるもので作れます

野菜だしというと、わざわざ野菜を買い込んで煮込まなくては!と思われるかもしれません。しかしそんな必要はなく、ご家庭にあるもので簡単かつ美味しく出汁を取ることができます。というのも、野菜だしを作る際に使うのは「野菜のくず」が基本です。

例えばヘタの部分や剥いた皮、芯や茎などといったいつもなら捨ててしまうような部分を出汁に活用します。そのまま捨ててしまうのではなく、あえて出汁に活用することで最後まで野菜の旨味を味わうことが出来る、まさにエコと家計に優しい出汁といえるでしょう。

ただしにおいが強いものなどはやめておきましょう

しかしどの野菜でもいいというわけではなく、野菜だしに不向きなものもあるので注意が必要です。例えばぬめりが強いオクラ、色がつきやすいナス、煮込むことでアクがでやすいブロッコリーの芯などはあまり向きません。他にもにおいが強すぎたり、風味自体を損ねてしまうものを使うのはやめましょう。

野菜出汁の作り方は簡単です!

さて、野菜を用意できたらさっそく野菜出汁づくりに取りかかりましょう。まず鍋のなかに野菜のくず、水、そして料理酒を適量加えます。火加減は大体弱火から中火程度にし、沸騰させないよう注意しましょう。

3〜40分程煮込む必要がありますので、台所で様子を見れる程度の余裕がある時に行うのがおすすめです。煮込んでいるとだんだん色がでてきますので、それが完成のサインとなります。あとはざるやキッチンペーパーを使って漉して、きれいな出汁がでてくれば完成です。

このように、難しいテクニックは一切不要。時間と材料(野菜のくず)さえあれば誰でも簡単に作ることが出来ますので、手軽に出汁作ってみたい方は是非試してみてください。今まで知らなかった野菜の旨味に出会うことが出来ますし、何より、当たり前のように捨てて来た野菜がこんなに旨味を出してくれるのかということに感動すること間違い無しです。ゴミも小さく少なくなりますので非常におすすめです。

アレンジも色々楽しめるのが魅力

野菜出汁を美味しくいただきたいのであれば、やはりまずはスープにするのがおすすめです。野菜や色んな具材を入れればより味わいのあるスープに仕上がるので、とても健康的です。また、実はご飯との相性も抜群。炊き込み御飯や洋風の雑炊にアレンジすることで今までとは違った美味しさを楽しめます。味付けは少し物足りないかもしれませんので、塩やお醤油を少し足すことで風味が増すでしょう。塩分を摂りすぎない程度に試してみてください。

野菜出汁は色んな美味しさを発見させてくれるものです。家庭にある材料ですぐに作ることも出来ますし、色んな野菜を組み合わせることでまた違った味わいの出汁に仕上がります。是非色んな野菜を組み合わせてみて、ご自身オリジナルの出汁を作ってみてはいかがでしょう?栄養も味わいもバッチリ、素晴らしい出汁に仕上がります。

野菜だしを使った美味しいレシピをご紹介!

それでは野菜だしを使ったレシピを少しだけご紹介していきましょう。基本的にはいつものメニューの出汁をこちらの野菜だしに変えるだけなので難しい使い方はしなくて大丈夫。誰でも簡単に手間をかけることなく作ることが出来るのが魅力です。先ほどもお話しましたが、もっとも野菜のうまみをダイレクトに味わうことができるのが野菜スープです。

野菜スープのいいところはその栄養をそのまますべて体に取り入れることが出来るという点です。ベーコンや細かくカットした野菜を加えることでより旨味とコクをアップさせ、満足感も得ることができます。塩こしょうで味を整えるだけで、とてもまとまりが出ますので最後のひと手間としてお忘れなく。この他にも是非活用していただきたいのが、ご飯や麺類などです。

野菜だしを使った炊き込み御飯

野菜だしが素材の旨味を引き立ててくれる、そんなレシピとしておすすめなのが「野菜だしを使った炊き込み御飯」です。作り方はとても簡単。いつもと同じようにお米を洗って炊飯器にセット。しめじなどのきのこ類、細切れにしたにんじん、油揚げ、鶏肉などを一緒に混ぜて野菜だしを分量分セットしたらあとは炊飯器のボタンを押すだけです。

いつもとはまた違った野菜のだしの旨味を味わうことが出来るので、新しい美味しさを発見することが出来るでしょう。ひと味違う炊き込み御飯を味わってみたい方は是非。

野菜だしを使ったパスタ

今度は和風と洋風をミックスした野菜パスタをご紹介します。パスタも洋風料理という認識だけではなく、最近は和風のだしを使ったものも多く若い方にも人気があります。野菜だしをたくさん使ってしまうと少し水っぽくなってしまうので量には注意ですが、さまざまなアレンジが出来るのであえてスープパスタのようにしてみるのもいいでしょう。

ソーセージやたまねぎ、きのこなどお好みの野菜と野菜だし、塩こしょうに辛みが欲しい方は唐辛子を刻んで加えてみるのもおすすめ。さっと材料を炒めたあとに煮込んで、すこしお醤油を加えるのも香りがアップするのでおすすめです。完成したらゆであがったパスタを加えて完成。季節の野菜をそれぞれ楽しむのもいいでしょう。

この他にもさまざまな美味しさをみつけることができるので、ぜひ色んな組み合わせを試してみてはいかがでしょう。野菜だしで美味しさを再発見してみるのもまた楽しみになるかもしれません。

人気No1の出汁はお茶村の旨味だし

© 2019 出汁職人ラボ All Rights Reserved.