1. HOME
  2. だしの作り方や取り方ハゼだしの取り方・作り方!ハゼだしの特徴や使い方

ハゼだしの取り方・作り方!ハゼだしの特徴や使い方

ハゼだしの取り方・作り方!ハゼだしの特徴や使い方

普段使っているだし以外にも、美味しいだしはまだまだ隠されています。その魅力を全てご紹介していきたいところですが、今回はちょっとめずらしい「ハゼ」を使っただしについてご紹介していきたいと思います。実はこのハゼだしは地方によってはポピュラーなものでもあり、なじみのあるだしの一つでもあるようです。しかしまだ知らない!どんなものか味わってみたい!という方に是非おすすめしていきたいと思います。

全国的にも知られるハゼを使った「ハゼだし」とは?

釣りがお好きな方にとってはよく知られた魚の一つがハゼです。狙って釣らなくてもたくさん釣れるしそんなに珍しいものでもない、という印象をお持ちの方も多いかもしれませんが、実はこのハゼは様々な料理に活用できるなどとても使い勝手のいい魚でもあります。例えばそのまま炙って焼いて食べるもよし、甘露煮にしてみるもよし、色んな食べ方で楽しむことが出来ます。しかしそのうまみを味わいたいのであればおすすめしたいのが「ハゼだし」です。

このハゼだしは全国的に知られているものかというとそうではなく、仙台や一部の地域ではポピュラーなだしとして使われているようです。そのためあまり耳慣れない、という方も多く味のイメージがわかない方も少なくありません。しかし仙台ではお正月のお雑煮に用いられるなど、そのうまみを活かして重宝されています。

ハゼだしを美味しく作る方法とは

そんなハゼのうまみをだしとしてとる方法を是非知っておいてもらいたいのですが、ハゼも実はちょっとした違いがあります。川で釣れるハゼと海で釣れるハゼ、それぞれ同じハゼでも海でとれるハゼは刺身としても食べられるという特徴があります。そのため臭みなどが気にならないのですが、どうしても川ハゼはにおいが気になるという意見もよく聞かれます。ですのでハゼを使う際はそのあたりも考慮しておくと失敗がなくていいのではないでしょうか。

作り方としてはまずハゼの鱗や汚れを取り除き、続いて内蔵やエラなど不要な物はすべて落としてしまいましょう。この際頭はつけたまま。頭もまるごと美味しいだしになります。捌いたハゼは網を使って焼いていきます。両面が軽く焼き目がつく程度になればいいでしょう。そしてそのハゼを風通しの良い場所に干します。腐らないようにしっかりと風をあて、大体3日から一週間程度、カラカラの状態になるまできちんと干します。この時点で密封容器に保存しておけば長期間置いておくことが出来るので、ある程度の量をまとめて下ごしらえするのがおすすめです。

だしをとる際は水の中に半日から1日程度置き、その後火をつけて静かに煮込みます。ぐらぐら沸騰させてしまうと折角の澄んだだしが濁ってしまいますので、静かに沸騰させましょう。だいたい15分程度で完成しますので、あとは調味料で味付けして色んなお料理に活用してみてください。たとえばうどんだしにしてみると、かつおや昆布とはまたちがった奥深い旨味を感じられるはずです。

ハゼで色んな味にチャレンジしてみませんか?

下準備などはすこし面倒に感じてしまうかもしれませんが、その手間をかけた分だけ美味しさは確かです。ハゼのだしを使ったおすましは食べたことがない方にとって、新たな味の発見となりますのでおすすめです。麺類などとも相性がいいので、このハゼだしをベースとしたつゆ作りにチャレンジしてみるのもいいでしょう。今まで慣れ親しんだだしの味だけでなく、新しい美味しさはまた格別です。魚のまた違ったおいしさを教えてくれるハゼだしは多くの人に味わっていただきたい魅力たっぷりのだし。是非ご家庭でもその旨味を知ってみてはいかがでしょうか。

人気No1の出汁はお茶村の旨味だし

© 2019 出汁職人ラボ All Rights Reserved.