1. HOME
  2. だしの作り方や取り方海老出汁の取り方・作り方!海老出汁の特徴や使い方

海老出汁の取り方・作り方!海老出汁の特徴や使い方

海老

甘エビに海老フライ、海老の天ぷらなどなど日本では海老は身近な食材の一つです。ぷりぷりと引き締まった身を頬張ったあとは大満足!あとはエビの殻を捨てて、といきたいところですがちょっと待ってください。その海老の殻、そのまま捨ててしまうのは勿体ない。実はこの海老の殻も美味しいだしになることをご存知でしょうか?いつものかつおや昆布とはひと味違った出汁の美味しさをご紹介したいと思います。

美味しいだしを取る方法「海老出汁」とは?

一般的な出汁といえば何を思い浮かべるでしょうか?かつお・昆布・煮干し、大体このあたりがメジャーなだしの素材として代表的なものでしょう。どれも和食を美味しく仕上げてくれる素材ばかりですので、基本の出汁としては欠かせないものです。しかし出汁はこれだけではなく、様々な食材を活用してとることができるんです。そこで今回はちょっと変わった出汁についてご紹介していきましょう。大人も子どもも大好きな海老を使った、その名も「海老出汁」についてです。

海老出汁の特徴は?

海老出汁といってもあまりピンとこない方も多いかもしれませんが、最近ですと海老のビスクというスープも市販で販売されるようになり、みかけたことがあるという方もいらっしゃるでしょう。海老の旨味を活かしたものですが、海外では海老だけでなく蟹など甲殻類の殻から出汁をとってソースとして活用するのはわりと一般的です。日本において、家庭ではあまり海老出汁を使うことはありませんが、海の幸と海老のコクを存分に味わうことが出来るとても上品な出汁です。

海老出汁の作り方は?

海老出汁の作り方を簡単にご紹介しましょう。まずは殻をむいた海老をフライパンで焼き色がつくまで炒めます。香ばしいにおいになったら今度はその海老を鍋に移し、ひたひたよりやや多めの水を加え、その状態でやや強めの中火で火にかけます。沸騰した時点で火を弱火に近い中火にし、出てきたアクは丁寧に取り除きます。その日加減のまま2〜30分程度煮出したら、ボウルとザル、そして丈夫なキッチンペーパーをセットしてざっとボウルに鍋の中身を流していきます。時間は少しかかりますが、難しい手順もありません。たったこれだけでいつものだしとはひと味違う、濃厚な海老出汁の完成です。

色んなお料理に使えるのが魅力です

この海老出汁のメリットはいつもの出汁とは違った美味しさを味わえる、ということだけでなく、様々な料理に活用できるということもあげられます。そのままスープにしてもいいですし煮物にも活用することができます。あんかけの出汁にすれば、まるで料亭で食べるような贅沢な味わいをご自宅でいただくことができますので、リッチな気分になれるのではないでしょうか。海老の出汁にしか出せない味を一度堪能してみると、やみつきになってしまうこと間違い無しです。

海老の出汁は一般的には作られる機会は少ないかもしれません。しかしただそのまま捨ててしまうには勿体ない、旨味と栄養と美味しさがたっぷり詰まった立派な素材でもあります。海老を食べる機会は多いですが、こういった出汁に変えるという発想はある意味エコにも繋がっていくのではないでしょうか。いつも捨てていたものに実は美味しさがある、という再発見の意味でも作ってみる価値はあります。

海老出汁はいつもの食事では何となく物足りないと感じていた、新しいお料理にチャレンジしてみたいと思っている方にとってまさにピッタリの出汁です。是非スーパーで海老を見かけたら挑戦してみてはいかがでしょうか?作る際は海老の尻尾など汚れが気になる所は少し切り落としたり、サッと洗っておくと雑味も出にくくなりますのでおすすめですよ。

人気No1の出汁はお茶村の旨味だし

© 2019 出汁職人ラボ All Rights Reserved.