1. HOME
  2. だしの基礎知識正しい出汁の選び方!料理別に選ぶべき美味しいだし汁

正しい出汁の選び方!料理別に選ぶべき美味しいだし汁

正しい出汁の選び方!料理別に選ぶべき美味しいだし汁

美味しい出汁の選び方、というものをご存知の方はどれぐらいいらっしゃるでしょうか。なんでも適当に出汁を使うのではなく、お料理ごとに使い分けることで、より美味しくさせることができるのです。それぞれの料理に合った出汁の種類や使い方についてお話していきましょう。

出汁にはそれぞれ相性があることをご存知ですか?

一般的な出汁でも、様々な種類が思い浮かぶでしょう。例えばかつお節、昆布、にぼし、などがごく一般的な出汁のイメージとして思い浮かぶはずです。どれもそれぞれにコクや深み、まろやかさなど様々な美味しさを伝えてくれます。しかしその美味しさも料理との相性があり、味を大きく左右することもあるのです。

料理との味の相性を考える

それぞれの料理との相性、まずはそこから考えてみましょう。そう言われてもあまり料理はしないから分からない、と難しく考える必要はありません。それぞれの味の特徴やちょっとしたコツを覚えることで、すぐに活かせるようになるので是非覚えてみてください。それさえ覚えれば今後色々とアレンジを加えたりレパートリーが増えていくことでしょう。

みそ汁はやっぱり「煮干しだし」が相性抜群

和食の基本ともいえるみそ汁は、日本人にとって身近な料理の一つです。ですから、このみそ汁の味がしっかりしていれば、様々な料理もおいしく仕上げることが出来るでしょう。このみそ汁と相性が抜群なものはずばり「煮干し」です。元々味噌と煮干しの相性はよく、それぞれの美味しさを引き出してくれるもの同士なので、この2つを組み合わせることでより旨味を引き出してくれます。

煮物に合うのは「色んなだし」があります

続いてはこちらも和食でおなじみの煮物。この煮物には煮干しをはじめ、椎茸や昆布などのだしがピッタリです。特に昆布が持つあっさりとした風味はコクやまろやかさを生み出してくれるだけでなく、煮物の味を邪魔することなくむしろ引き立ててくれる効果があります。色々なだしを組み合わせて使うことでより美味しさもアップするので、是非試してみてください。

スープなどを楽しみたければ「野菜だし」がいい

続いてはちょっと和食から離れてみてスープについて考えてみましょう。スープも色んなものがありますが、野菜やお肉などを加えてポトフのようにしてみるなど、素材の味を引き立ててくれるものがおすすめです。その際おすすめしたいのが野菜からとる「野菜だし」です。実は野菜にも色んな旨味と栄養がギッシリ詰まっているので、美味しいお出汁がたくさんとれるのです。お魚などとはまた違った優しい味が特徴ですので、きっとひと味違った旨味を感じることが出来るでしょう。

何に合うか、どんな美味しさが生まれるかをイメージする

基本的には「このだしを使ってはいけない」ということはありません。もし気になる組み合わせがあればまずはチャレンジしてみる、ここから新たな美味しさを発見することは十分可能です。ですから、色んな組み合わせを大胆に行うのではなく、ちょっとずつアレンジしてみることで失敗は少なくなるでしょう。

料理をする前にこの食材と食材を合わせたらどうなりそうか、となんとなくでいいのでイメージすること。これによってなんとなくその味が掴めるはずです。コツはそれぞれの美味しさをきちんと知っておくこと、だしがどのような味わいを引き出したり引き立ててくれるのかを事前に味わっておくことです。

おいしい料理を作るにはベースとなるだしをきちんと整えること、これこそが非常に重要です。難しいものを作り出そうとするのではなく、まずは味の土台を作って少しずつ加えていくこと。是非正しいだしの選び方を覚えておきましょう。

人気No1の出汁はお茶村の旨味だし

© 2019 出汁職人ラボ All Rights Reserved.