1. HOME
  2. だしの基礎知識だしで塩分を抑える

だしで塩分を抑える

だしで塩分を抑える

日本人は塩分の摂取量が多いと言われる人種。確かに国民食ともいえる味噌が豊富に塩分を含んでいますからね。他にも梅干しや漬物など。そんな塩分からくるリスクを下げるため、だしで塩分を抑えてみましょう。

塩分のリスクは?

よく身体に悪いと言われる塩分過多ですが、具体的には何が悪いのでしょうか。これを知らなければ減塩する気力も半減。まるで母親に考えなしで「勉強しなさい」とひたすら怒られてる気分です。

塩分過多のリスクとして最も有名なのは高血圧でしょう。塩分を大量に摂取する食事が続くと、それが原因で血圧が高い状態が持続し、最終的に高血圧状態になると考えられます。初めのうちは自覚症状もなく放置してしまう方がいるようですが、高血圧は最終的に心筋梗塞や脳卒中につながる恐れもある症状。下手をすれば塩分の摂りすぎで死んでしまうかもしれないのです。

また、塩分をとりすぎると身体が水を溜めこみ、むくみを生じることも。他にも交感神経が刺激されることから精神状態が不安定になったり、単純にのどが渇きやすくなったり。大量の摂取でいいことは起きません。もちろん一定量は必要なものの、おそらく大半の日本人は過剰摂取。何かしらの方法で抑える必要があるでしょう。ちなみに、日本人の塩分の摂取目標量は男性が8g、女性が7gです。

だしで塩分を抑えよう

さて、健康な毎日を送るためには塩分を抑えなくてはなりません。しかし、単純に料理に使う塩の量を減らせばいいのかと聞かれれば微妙なところ。もちろんそれで塩分の摂取量は減りますが、本当に満足できるでしょうか。人間は一度慣れてしまった環境や味が当たり前になってしまうもので、味の濃い料理を覚えてしまうともう戻れません。おそらく一気に塩分を減らそうものなら「美味しくない」「物足りない」と感じてしまうでしょう。

物足りないをずっと我慢して生活する方法もありと言えばありですが、どうせなら美味しい料理を食べながら暮らしたいですよね。それに物足りなさがストレスにつながって食事の量が増えてしまう可能性もあります。ですので、減塩は単純に塩の量を減らすだけでなく、だしを上手く活用しましょう。よく味噌汁とかに入れるアレです。料理にだしの旨みをプラスすることで塩分が少なくても風味が豊かな深い味わいに変化。味噌汁はもちろんのこと煮物や炊き込みごはん、おひたし、浅漬けなど様々な料理に利用できます。

これならストレスなしで減塩可能。むしろ、だしの効果で今までよりも料理の旨みがアップしますよ。実際、減塩のためにだしを使う方は多く、ネットでも様々なレシピが紹介されています。はじめから塩分の多い加工食品は避け、だしを使って自分で料理を作る。そうやって高血圧などを防止していきましょう。

だしはパックタイプがおすすめ

美味しく減塩可能なだしですが、かつおや昆布などからとるのは結構な手間です。たとえば昆布からだしをとる場合、まず昆布を拭いて水に数時間つけたり、アクをとりつつ煮出したりしなくてはなりません。正直、料理のたびにそんな手間かけられませんよね。面倒で塩の味付けに戻ってしまいそうです。ですので、だしを選ぶ際はパックタイプにしておきましょう。これなら料理が苦手な方でも大丈夫。簡単に美味しいだしをとることが可能です。

小さいパックになっていれば細かく量を調整できますので、家族構成に合わせて上手に活用しましょう。だしは絶対に自分でとると決めている人も、パックタイプをひとつ用意しておくと便利。急に時間がとれなくなった時なんかに大活躍します。パックタイプのどれが良いかで迷った際は口コミや素材の産地で選んでみてください。やはり国産素材の方が安全性が高めで美味しいです。

人気No1の出汁はお茶村の旨味だし

© 2019 出汁職人ラボ All Rights Reserved.