1. HOME
  2. だしの基礎知識塩分の摂り過ぎが骨粗鬆症につながる!だしで減塩して骨を丈夫にしよう

塩分の摂り過ぎが骨粗鬆症につながる!だしで減塩して骨を丈夫にしよう

塩分の摂り過ぎが骨粗鬆症につながる!だしで減塩して骨を丈夫にしよう

一度濃い味になれてしまうともっともっと、と塩分を求めてしまうのが人間の体の不思議なところです。そしてどんどん塩分が増えていくと、あらゆる病気のリスクも上がってしまい危険な状態になってしまいます。

塩分の摂りすぎは骨をもろくしてしまう?

塩分を摂りすぎることによってメリットが得られることはほぼないといっていいでしょう。腎臓や血管に大きな負担を与えるということは知られていますが、実は骨にも大きな影響を与えることをご存知でしょうか?塩分を摂りすぎると喉が渇いてしまい、水分を多く摂取します。するとトイレも近くなり、そのたびに排尿しカルシウムなども一緒に出してしまうのです。そう、カルシウムは丈夫な骨づくりに欠かせない重要なミネラルの一種。余分に排出しすぎると、身体にとって必要な分を補えなくなってしまう可能性があるのです。

だしを活用して丈夫な骨づくりを

こうならないためにも塩分の摂取をできるだけ控えることが有効ですが、ただ薄味にするだけでは料理の味も物足りないものになってしまいます。そこでだしパックなど、「だし」を使って美味しく料理の味を維持しながら自然と塩分を減らしていくのがおすすめです。だしの美味しさをしっかり引き出せていれば、塩などをたくさん使わなくとも美味しく仕上げることが出来ます。だしにはミネラルなど栄養もたっぷりですので、骨づくりや健康維持にももってこい。是非だしを活用しながら自然に減塩していきましょう。

人気No1の出汁はお茶村の旨味だし

© 2019 出汁職人ラボ All Rights Reserved.