1. HOME
  2. だしの基礎知識だしで減塩して不整脈や心疾患対策!塩分を控えた方がいいワケ

だしで減塩して不整脈や心疾患対策!塩分を控えた方がいいワケ

だしで減塩して不整脈や心疾患対策!塩分を控えた方がいいワケ

現代の日本では、多くの方が知らないうちに塩分を摂りすぎていることも多く、気がついた時には様々な生活習慣病に結びついているなんてこともあります。それを防ぐためには、やはり料理の味付けを工夫するのがおすすめ。そこでおすすめしたいのが上手な「だし」の活用です。

不整脈や心疾患対策には減塩がおすすめの理由

今のこの現代の中で、高血圧と診断されている方がどれくらいいるかをご存知でしょうか。成人の場合3人に1人、高齢者に至っては3人に1人という割合なのです。この数字を見てもお分かりの通り、決して少なくない数であることがわかります。高血圧はただそれだけで終ってしまうわけではなく、脳卒中や心臓病などにも繋がりやすいため、時に命の危険に結びついてしまうこともあるのです。ただ血圧が高いから、と悠長に構えていてはいけません。まずできる対策を行っていくことが重要なのです。

不整脈や心疾患もこの血圧や減塩とも大きく関わっています。もともとこういった持病をお持ちの方はとくに減塩対策を行う必要がありますが、具体的に塩分に対しての対策とは?とあまりピンと来ない方も多いようです。ただ単純に塩を使わなければいい、と思うかもしれませんが、ただ塩を使わないだけでは薄味のおかずばかりになってしまいとても味気ない食卓になってしまうでしょう。美味しいご飯を楽しみにしているのであれば、これだけではいけません。

上手な減塩には「だし」を使うのがおすすめです

そもそも塩分を摂りすぎることでなぜ血圧が上昇して血管や心臓に負担をかけてしまうのか、これは塩分を摂りすぎることによって喉が乾き、それを潤そうと必要以上に水分をとってしまいます。するとその塩分を排出しようと身体の中に水分を溜め込んでしまい血管または心臓に負担をかけることに繋がってしまうのです。

そんなに料理に塩を使っていないのに、と思うかもしれませんが、ソーセージやハムその他外食など加工されたものには思った以上の塩分が入っていることが殆どです。つまり知らないうちに塩分過多になっている可能性も否定できないのです。

そこで塩をただ減らすのではなく、美味しく料理を食べるための工夫をお教えしましょう。それは「だし」を使うことです。出汁というのはいわゆるかつお節や昆布などを使った、お料理のベースとなるもののこと。最近は自分でわざわざだしをとらなくとも、だしパックや粉末タイプのものなど便利なものがたくさん販売されています。そういったものを上手に活用することで、より便利に毎日美味しく出汁をつかうことができます。

出汁を使うメリットは「旨味を感じる」ということです。出汁にふくまれる旨味は、舌だけでなく脳を満足させてくれます。しょっぱさなどがなくとも、このベースの出汁がしっかりしていることで味に深みが出るため、必要以上の調味料を使わなくとも美味しく料理を仕上げることが出来ます。つまり自然と減塩食をとることができるので、無理なく減塩することができるというわけです。

だしで美味しく健康的な食事を

このように、出汁を使うことで美味しさを手に入れるだけでなく健康にも活かすことが出来ます。血管や心臓などに普段負担をかけているという自覚がある方、もともと持病をお持ちの方は是非出汁を意識して使ってみることをおすすめします。和洋中どの料理にも出汁はかかせないものですので、まずはお好みの出汁を探してみるのも良いでしょう。

塩分は体にとって必要なものの一つですが、とりすぎるとそれは毒になってしまいます。そうならないためには適量を守り、健康的な食事を心がけること。家庭で出来る簡単な工夫ですので、是非毎日のお料理に活用してみてください。

人気No1の出汁はお茶村の旨味だし

© 2019 出汁職人ラボ All Rights Reserved.