1. HOME
  2. だしの基礎知識だしをとるならどの昆布?だしに使われる昆布の種類と特徴まとめ

だしをとるならどの昆布?だしに使われる昆布の種類と特徴まとめ

だしをとるならどの昆布?だしに使われる昆布の種類と特徴まとめ

出汁をとる、となると真っ先に思い出される素材。そのうちのひとつが昆布です。昆布はスーパーなどでもよくみかけるポピュラーな食材ですが、実はその種類はひとつだけではありません。でもそれぞれどんな特徴があるのか分からないし選び方に困る。なんて方に、昆布の種類を少し詳しくおすすめしていきたいと思います。

だしをとりたい!最適な昆布選びとは?

お鍋やお味噌汁など、様々な料理に活用されるだしといえばやはり昆布です。スーパーやお店など、誰でも一度は見たことがあるでしょう。しかし昆布もよく見てみると、すべてが同じ昆布ではないということにお気づきでしょうか?そう、昆布は昆布でもその種類は一つだけではありません。いくつもの種類と、またそれぞれに特徴というものがあります。

ただなんとなく昆布を選んで来た、という方も多いかもしれませんが、作りたいお料理に合わせて昆布だしを変えてみることで、本来の昆布のおいしさを味わうことができます。是非参考にしながら購入してみてください。

昆布の種類をご紹介しましょう

さて、昆布についてですが基本的に日本で販売されている昆布の殆どは約90%が北海道全域でとれるものです。東北などでも採れますがほとんどが北海道のものといっても過言ではありません。それぞれの土地によってとれる昆布の種類が違い、同じ昆布でも歯触りや味わいなどにも違いがあります。

真昆布

まずは真昆布。こちらは函館沿岸で採れる昆布で、昆布の中でも高級品です。とても上品でまろやかな甘味があり、出汁も澄んだ美しい色を持っています。昆布自体にも厚みがあって幅も広いため、しっかりした昆布です。佃煮などに向いています。

利尻昆布

続いては利尻昆布、こちらは利尻を始め稚内や礼文沿岸でも採れます。先ほど紹介した真昆布よりは固めの昆布ですが、会席料理でもだしとして使われるなどとても高級感あるだしです。基本はだし昆布として、痕は湯豆腐などにもおすすめです。

羅臼昆布

羅臼昆布も名前をみかけたあるという方は多いでしょう。とても香りが良い昆布で、やわらかくコクと深みあるだしがとることができます。おやつ昆布にもおすすめなので、だしをとる以外にもそのまま頬張ってみてもいいでしょう。

日高昆布

日高沿岸でとられる日高昆布は、濃い色合いで柔らかく煮やすいという特徴があります。佃煮としてもおすすめですし、昆布巻きやおでんに使うのもおすすめ。しっかりと出汁の美味しさをまるごと味わうことが出来ます。

長昆布

釧路や根室地方でとれる名が昆布は、最も生産量が多いことが特徴です。佃煮や昆布巻きに加工されており、市販のものはこの名が昆布が使われていることも多いでしょう。身近な昆布の一つといっていいかもしれません。

自分好みの出汁をみつけてみよう!

さて、様々な昆布についてご紹介してきました。どれも昆布によって値段が違う、味に特徴があるなどそれぞれに魅力がたくさん詰まっています。高級なものを使うことがおすすめか、というとそういうことではありません。それぞれに応じて使い分けてみるなど、ご自身で工夫してみることがおすすめなのです。出汁本来の美味しさは食べ比べてみると意外と分かりやすいもの。昆布一つでも味は大きく変化を感じられます。

ヘルシーな食事を心がけたい方、本当においしい料理を追求してみたいという方は是非昆布からこだわってみてはいかがでしょうか?本当に美味しい昆布でとった出汁やお料理は今までとはまた違った美味しさを引き出してくれます。昆布に含まれるうまみ成分は舌だけでなく心も満たしてくれるとても優れた成分。是非美味しい幸せをご自身で実感してみてはいかがでしょうか?

人気No1の出汁はお茶村の旨味だし

© 2019 出汁職人ラボ All Rights Reserved.