1. HOME
  2. だしの基礎知識塩分の摂り過ぎはアトピーにつながる?出汁で減塩してアトピー対策

塩分の摂り過ぎはアトピーにつながる?出汁で減塩してアトピー対策

塩分の摂り過ぎはアトピーにつながる?出汁で減塩してアトピー対策

子どもさんだけでなく大人を悩ませる皮膚の疾患のひとつがアトピーです。様々お薬で治療していきたい、とは思うもののなかなか治らず焦ってしまうことも。実はこのアトピーの原因の一つが塩分とりすぎである可能性が考えられるのです。

塩分のとりすぎがアトピーと関係あり?

アトピーは皮膚がかゆくなるだけでなく、見た目にも影響を与えてしまうやっかいな症状の一つです。改善させるために様々な方法を試して来たという方も少なくないでしょう。実はこのアトピーの原因を作るものの一つとして、塩分のとりすぎが指摘されています。これは塩分を摂りすぎることによって、過剰に増えたナトリウムを排出させようと腎臓が働きます。それが負担になることで、腎機能が低下してしまいアレルギー反応を抑制する力が弱まるのです。これはアトピーの悪化にも繋がりかねません。

だしを使って身体の中から優しく対策

そこで塩分を控える必要がありますが、その際におすすめしたいのが出汁の活用です。だしは旨味を感じさせてくれるだけでなく栄養もたっぷり。だしの美味しさを活かすことで、無理なく塩を減らすことが出来ます。薄味にしてしまおうとするのではなく、出汁による美味しさを活かした料理を工夫してみるとまた食事も楽しくなるのではないでしょうか。

また、味気ない食事はストレスにも繋がります。ストレスは皮膚の症状を悪化させる原因にもなりますので、そういったものの解消にも出汁は役立ってくれるでしょう。

人気No1の出汁はお茶村の旨味だし

© 2019 出汁職人ラボ All Rights Reserved.