1. HOME
  2. だしの基礎知識だしはいつから赤ちゃんの離乳食に使う?月齢別の使い分けとだしの取り方

だしはいつから赤ちゃんの離乳食に使う?月齢別の使い分けとだしの取り方

離乳食

だしは素材の旨味をいかすだけでなく、体にとっていい効果を与えてくれるとても優れた存在です。大人とは違って赤ちゃんはまだ味覚というものが育っていない段階。だからこそきちんと順を踏んで、だしの味を覚えさせてあげる必要があります。そのためにはどのような順番でどんなだしを与えてあげればいいのか、是非知っておきましょう。

だしと離乳食はどのように工夫していけばいいのか

ミルクやおっぱいだけではなく食べることを覚えさせていく時期になると、離乳食を工夫するということが必要になります。まだ始めの段階では食べ物を口にするということからですが、だんだん進んでいくことで食材など素材そのものの味を感じられるものが欲しくなっていきます。

好きな物、嫌いな物が出てくるのもこの時期が多いはず。特に苦みの強い野菜などは、苦手に感じる赤ちゃんも多いようです。嫌がって食べてくれないからそれで諦めて終了では実は勿体ないんです。ちょっとした工夫を加えることで案外すんなりと食べてくれることもあるのですが、その一工夫として是非おすすめしたいのが「だしの活用」です。

だしといえば昆布だし、かつおだしなどをイメージされるかと思いますが、まさにそれらのだしを離乳食にも活用することで美味しく健康的に赤ちゃんに食べさせてあげることができるというわけです。

月齢に合わせた上手なだしの活用方法

まだほぼ味覚が育っていない状態の赤ちゃんにとって、食べる物全ての味が新鮮であり、その瞬間はとても貴重なもの。ここできちんとしたものを食べるかどうかで今後大人になっていくなかでの味覚にも影響していきます。

素材の美味しさを分かってくれるような、そんな大人になるかは今この時期が大切なのです。そして、だしには先程も述べたように昆布やかつおなど様々な種類のものがあります。どれでも適当に、ではなく月齢に合わせただしを選ぶのがオススメです。

生後5〜6ヶ月

まずこの時期にはうまみがたっぷり含まれる昆布だしがおすすめです。まろやかな口当たりが特徴で、香りもとても優しく一番最初のだしとして最適と言えるでしょう。

生後7〜8ヶ月

昆布だしに続いておすすめしたいのがかつおだしです。魚のうまみと香りは、どこかほっとさせてくれます。昆布よりもしっかりとしただしの風味を楽しませてあげましょう。

さらに干し椎茸のだしもおすすめ。ただしまれにアレルギーを発症することもあるようですので、少しずつ様子を見ながら与えてあげると安心です。

生後9〜11ヶ月

お味噌汁の定番でもある煮干しだしがこの時期はオススメです。はっきりとしたお魚のコクと味が分かるので、この味を美味しいと思えるようにしっかり下ごしらえをして苦みなどが出ないようにしてあげましょう。

だしのとり方はシンプルにいきましょう

それぞれのだしのとり方はどれも難しい手順はありません。多少の手間があるかないかという違いはありますが、基本的には水と昆布やかつおなどの素材を組み合わせて煮るか浸しておくだけです。

昆布だしの場合は昆布を水につけた状態で10時間放置するだけ、かつおだしは沸騰したなかにかつお節を入れて鍋の底に沈むまで1〜2分程度待ってあとはざるに濾したら完成、と意外とシンプルに作ることが出来ます。

どれも丁寧に行うことで美味しいだしができますので、その簡単な手間をまずはきちんとすること。難しくないからこそ、ひとつひとつの手順を丁寧に行うことをおすすめします。赤ちゃんに素材の美味しさ、だしの美味しさを味わってもらうためにはちょっとしたひと手間が大切です。本当に美味しいものを美味しいと思ってもらえるように、是非だしにはこだわってみてください。

大人にとっても「だし」はいいものです

赤ちゃんにとって旨味を感じさせてくれる大事な役目を担う「だし」は、小さなお子さんだけでなく大人にとっても大切な役割を果たしてくれる存在でもあります。小さな頃にあまり美味しいものに触れてこなかったのでその美味しさがわかりづらい、というパパママも実はこの機会にだしの美味しさをあらためて味わってみるのがおすすめです。

小さな頃から離乳食やこういっただしの旨味を味わう機会があれば、だしだけを味わっても「美味しい」とすぐに感じられます。しかし残念ながら小さい頃はそういったものをあまり食べてこなかった、という場合にはだしだけを口にしても「なんだか味気ない、薄く感じる」というように、物足りなさが先行してしまう場合が多いようです。

しかしこれも慣れというもので、一番最初にだしに感じた物足りなさも回数を重ねてくるごとに「美味しさ」へと変化していくことを次第に感じられるようになるのです。そう、だしは大人になったらもうその旨味を感じられないものではなく、お子さんと一緒にあらためて美味しさを再認識できることができるのです。

だしを活かした料理で一緒に美味しく

離乳食などでだしに触れる機会が多いのはとてもいいことなのです。ですから赤ちゃんと食事をとる際は一緒に、その美味しさを感じてみるのがおすすめ。離乳食用にとってあげた出汁を湯のみ程度のサイズに入れてみて、ゆっくり飲み干していきましょう。

最初の頃は昆布だしだけであることから、あまり美味しさなどがわからないかもしれません。普段濃いめの食事に慣れすぎていると、余計に薄さを感じてしまうなど物足りなさの方が優先されると思います。しかし何回か飲んでいくうちに、昆布の香りやコクがうっすらと感じられるようになりますので諦めずに飲み干してみてください。

だしというのは大人になったからこそまたその旨さを味わうことができます。離乳食を食べさせてあげながら、同じ目線で同じように口にしていくこと。そうすればきっとまた料理の奥深さや味わいをしることができるでしょう。だんだん色んなだしを赤ちゃんが覚えていくように、大人も一緒に段階を踏んでそのだしの味を覚えてみてはいかがでしょうか?

素材の旨味を活かしてくれる貴重な出汁は、出汁パックなどを活用すればすぐに味わうことが出来ます。はじめから全て作ろうとせず、そういったものも使いながら是非本当の味を知ってみてください。

人気No1の出汁はお茶村の旨味だし

© 2019 出汁職人ラボ All Rights Reserved.