1. HOME
  2. だしの基礎知識塩分過多が抜け毛や薄毛、白髪の原因に!だしで減塩して対策しよう

塩分過多が抜け毛や薄毛、白髪の原因に!だしで減塩して対策しよう

塩分過多が抜け毛や薄毛、白髪の原因に!だしで減塩して対策しよう

塩分の摂りすぎ、というのはどの世代も気をつけなければならないことです。とくに中高年以降になると高血圧のリスクもより高まるなど、体へかかる負担が大きいことも懸念されます。さらにこの年代の男性の多くを悩ませる抜け毛や薄毛、女性にとっても気になる白髪なども塩分過多によって起こりやすくなる可能性があるのです。そして自然と減塩するためには「だし」を活用するのがおすすめです。

塩分過多が髪や頭皮に与える影響とは?

毎日の食事をとるなかで、気にしていることはなんでしょうか?美味しいおかずをつくること、彩りをよく食卓に並べること、栄養バランスがきちんとしていること、どれも大切なことばかりでしょう。こういったことに気をつけることは、自身の体を健康にするだけでなく、楽しい気持ちになれるなどとてもプラスのことばかりです。美味しさや華やかさや栄養、どれも欠けてはならないものばかりですが、それゆえに小さなことを見逃してしまっていることがあります。例えばそのなかのひとつが「塩分摂取について」です。

我々日本人にとって気をつけなければならない調味料のひとつが実は塩なのですが、塩っぱい味を好む日本人というのは非常に多く、最近は塩分を摂りすぎている方も少しずつ増えている傾向にあります。調味料として使っている以外にも、加工された食品の中には塩分が大量に含まれているものが多いため、知らないうちに食べているという場合が多いのです。塩分を摂りすぎると高血圧が心配されるのはよく知られた事実なのですが、実は髪や頭皮にも影響を与えることが分かっています。さて、その仕組みはいったいどういったものだったのか、どういう対策をしていけばいいのかについて考えてみましょう。

塩分は神経細胞に影響を与えてしまう

人間が健康に生きていくためには塩分は必ず必要です。塩分を摂らなければ身体の中のバランスが崩れてしまい、肉体を正常な状態に保つことが出来なくなってしまいます。しかし過剰すぎる塩分はまた逆に悪影響を与えてしまいます。先ほども述べたように高血圧へ直結することもそうですが、塩分の刺激によって神経にまで影響を及ぼすことが分かっています。

神経細胞をうまくつくれなくなってしまうと、髪の毛を正常な状態に保ちづらくなります。抜け毛や薄毛などが進行してしまう、髪に色素が行き渡らず白髪が増えてしまうといった症状も起きてしまうのです。多すぎる塩分摂取が血液だけでなく神経にも影響するのだということをご存知の方はそれほど多くはありません。だからこそ、今知って出来るだけ減塩を心がけることが重要なのです。

自然に減塩するためにはだしの力が必要です

そこでただ塩分を減らすという単純な減塩でなく「だし」を使った自然な減塩をおすすめします。昆布や鰹といっただしを使うことで、素材の旨味を引き立てたりだしの旨味を味わうことが出来ます。それによって調味料をたくさん足さなくとも、美味しく塩分控えめの食卓に切り替えていくことは可能になります。

だしは直接こんぶなどの素材からとっても構いませんし、最近ですとだしパックが便利でオススメ。いつでも手軽に本格的なだしをとることができるので、忙しい毎日を送っている方でも美味しいだしを使った料理を作ることが出来ます。いきなり薄味になってしまうとただひたすらに物足りない食事になりますが、これなら無理なく美味しさを保ちながら減塩することが出来ますので是非だしにこだわることをおすすめします。だしには栄養もたっぷりですので健康な髪を育てるためにも有効です。血流改善にも繋がりますので、是非美味しいだしで健康な身体、健康な頭皮を手に入れてみませんか?

人気No1の出汁はお茶村の旨味だし

© 2019 出汁職人ラボ All Rights Reserved.