1. HOME
  2. だしの基礎知識口内炎の原因は塩分のとりすぎかも!料理にだしを使って減塩のすすめ

口内炎の原因は塩分のとりすぎかも!料理にだしを使って減塩のすすめ

口内炎の原因は塩分のとりすぎかも!料理にだしを使って減塩のすすめ

口内にぷちっと出来る口内炎、痛みが伴わなくとも気になります。口内炎が出来やすい方は、実は意外な原因が隠れていることも。それは塩分の摂りすぎです。一見全く関係なさそうに見えるこの二つの関係、なぜ塩分を摂りすぎると口内炎ができるのでしょうか?

塩の摂りすぎは「荒れ」のもとです

つい塩っぱいものに慣れてしまい、塩分を摂りすぎてしまってはいませんか?塩分の摂りすぎは高血圧の原因になるということは有名ですが、実はそれ以外にも口内炎の原因になるということが言われています。これには様々な理由があるのですが、塩分をとりすぎることで刺激になり胃を荒らしてしまい、その結果口内炎としてあらわれることがあります。胃腸のあれは口元に影響が出ますので、もし心当たりがあるという方は塩分を控えることをおすすめします。

だしを使えば自然と減塩できます

でもただ塩を減らしただけでは味が物足りないような気がする、など料理自体の味をひたすら薄めてしまうだけ。それを防ぐためにはだしを活用するのがオススメです。だしを使えばたくさんの調味料を足さなくともしっかりした味に仕上げることができます。旨味成分もアップさせられるので、素材のおいしさを堪能できるようになるなどメリットが多いのも特徴です。

もししょっちゅう口内炎が出来るという方は、一度塩分を摂りすぎていないか見直してみる必要ありです。是非だしを使って自然な減塩を目指し、健康的に過ごしていきましょう。

人気No1の出汁はお茶村の旨味だし

© 2019 出汁職人ラボ All Rights Reserved.