1. HOME
  2. だしの基礎知識妊娠中は塩分過多に要注意!だしを料理に活かして減塩したい理由

妊娠中は塩分過多に要注意!だしを料理に活かして減塩したい理由

妊娠中は塩分過多に要注意!だしを料理に活かして減塩したい理由

妊娠中はひとりの体だけじゃない、ということもあって普段の食事や生活習慣など、色んなことに気を配らなければならないという気持ちになるでしょう。ちょっとした普段の積み重ねが深刻な事態に繋がることも珍しくありません。なかでも気をつけたいのが妊娠中毒症。そしてこれを引き起こす原因のひとつとしてあげられるのが塩分過多なのです。これを防ぐためには一体どう対策していけばいいのでしょうか?

塩分の摂りすぎは妊娠中の様々なリスクを高める

たまに塩っぱい物が食べたくなる、塩分の強い物を求めてしまう時ってありませんか?基本的に、体は不足している物を補おうとしてそれを欲する仕組みですので、その際は塩分が足りていない可能性があります。適度な塩分を補うことは大切なのですが、その適度が積み重なることでだんだん塩分過多の状態になってしまうことがあります。数日間程度のことなら問題ありませんが、それがだんだん習慣になっていくのが怖いところです。

さらに注意したいのが妊娠中の塩分過多です。妊娠するとつわりなど体に起こる変化も様々なものがありますが、食べれる物を食べる、という習慣によってどんどん塩分を摂りすぎてしまうことがあります。確かに赤ちゃんのためにも栄養を摂ることは必要なのですが、多すぎる塩分は体に与えるリスクが高まってしまうなど細心の注意を払わなければなりません。なかでも最も怖いのが「妊娠中毒症」です。

妊娠中毒症の原因を作らないためには?

妊娠中毒症、いわゆる妊娠高血圧症候群は塩分の摂り過ぎによって起こると言われています。具体的にどのような症状が起こるのかというと、赤ちゃんの成長を邪魔してしまったり、早産の原因を作ることになってしまいます。また流産を引き起こすこともあるため非常に注意する必要があるのです。この妊娠高血圧症候群になるとどういった症状が出るのか、主に挙げられるのが高血圧やタンパク尿、そしてむくみです。こういった症状があらわれだすとかなり危険が高まっています。

赤ちゃんにとって必要な栄養だけでなく酸素が送られなくなると、健康に成長することができなくなってしまいます。将来的なことにも繋がっていきますので、そうならないためにもできるだけ塩分摂取を控えたメニューを心がけるようにしましょう。そこで塩分を無理なく減らした減塩メニューについてひとつ提案があります。それは「だし」を活用した減塩です。一体どういうことなのでしょうか?

美味しいだしを使えば無理なく減塩できます

だしといえば昆布にかつお、煮干しなどがイメージされます。そう、それらのだしを使うことで無理することなく減塩食へと切り替えることが出来ます。食事というのはちょっとした工夫だけでも随分味が変わるもので、これらのだしを料理のベースとして活用すると多くの調味料を入れなくとも十分美味しい味に仕上げることが出来ます。全く使わない、というわけではなく限りなく最低限の量におさえることができるというわけです。

昆布だしなどには旨味を感じさせてくれる成分が入っているため、それによって脳が「美味しい」と自動的に満足してくれるという効果もあります。またそれだけではなく、かつおなどのだしは疲労を回復させてくれたり血流を良くしてくれる効果もあるなど、減塩以外にもプラスになる効果がたくさん含まれているのです。このメリットを活かすことで美味しく健康的に減塩することができるのがだしの大きな魅力といえるでしょう。

妊娠中は何かと体のことが気になる時期でもあります。ひとりだけでなくふたりのことだからこそ、より気をつけていきたいもの。是非だしの美味しさを味わいながら減塩にチャレンジしてみてください。

人気No1の出汁はお茶村の旨味だし

© 2019 出汁職人ラボ All Rights Reserved.