1. HOME
  2. だしを効かせるおすすめレシピ二番だしを使った人気レシピを紹介!おすすめ二番だし料理

二番だしを使った人気レシピを紹介!おすすめ二番だし料理

二番だしを使った人気レシピを紹介!おすすめ二番だし料理

一番だしのポイントは香りに上品さ、二番だしのポイントはその味の深みとコク。それぞれにある美味しさは、どっちがより良いものとは順位のつけようがありません。だしの持つ旨味を活かすためには特徴を生かした料理にしてみるのがおすすめです。是非美味しいお料理づくりの参考になさってみては?今回は二番だしのおすすめレシピをご紹介していきます。

美味しい二番だしを使って料理を楽しもう

二番だしは、一番だしで使った昆布とかつお節を更に時間を描けて煮出すことで、残った旨味を引き出したお出汁のことです。一番だしにくらべると香りなどは劣りますが、深みや旨味などが強い分、色んなお料理に活用することが出来ます。つまりそれぞれの出汁は、それぞれの良さを出したものでもあるのです。ではその二番だしの美味しさを活かすレシピをご紹介していきましょう。

やっぱり基本のお味噌汁

日本人にとってなじみのあるお料理のひとつ、といえばやはりみそ汁です。このみそ汁には二番だしがぴったり合うので、ぜひとも美味しい二番だしでコクと深みのあるお味噌汁に仕上げましょう。お味噌汁の作り方に特別なテクニックは不要ですが、簡単に作り方をご紹介します。

まずはお好きな具材を用意します。豆腐やわかめ、油揚げにねぎなどお好みで。二番だしを鍋に入れて火にかけ、沸騰したら具材をそのなかに入れます。再度沸騰する前に火を弱め、そのタイミングでお味噌を溶きながら入れます。具材によっては多少鍋に入れるタイミングが前後するので、そこは調節してください。あとは火を止めたら完成です。お味噌は沸騰させてしまうと折角の香りが飛んでしまいます。美味しい出汁の味わいとのハーモニーをなくしてしまわないよう、火には十分気を配ってください。

冬に食べたくなるおでん

こちらも日本の冬の定番メニュー、おでんです。二番だしはおでんに最適なだしとしてよく例に挙げられています。おでんのネタを入れることで、それらから出る旨味やだしも一緒に合わさり、より一層美味しく仕上げてくれるのも嬉しいポイント。是非いつものおでんも二番だしを使って味をレベルアップさせましょう。

作り方は鍋にまず二番だしを入れて火にかけます。醤油や塩を使って味を整えること。味見をして大丈夫であることを確認したら、味のしみにくい具材から煮始めましょう。大体1時間程度を目安に煮込み、その都度具材を加えて煮込んでいきます。全ての具材を一斉に煮込むのではなく、それに応じて煮込むことで満遍なく美味しく味がしみていきます。お好みの具材を沢山入れて、だしの効いたおでんをほおばるのもまた幸せです。

シンプルに雑炊にもおすすめです

手の込んだ料理にしなくとも、シンプルに雑炊に二番だしを使うのもおすすめです。鍋に二番だしを入れて醤油と塩で味を整えたらご飯を入れ、沸騰の後溶いた卵をふわっと落として蒸らしたら完成。ネギなどの薬味を加えれば、あっという間にだしの効いた雑炊の完成です。シンプルながらもだしの美味しさを味わうことが出来るので、是非試してみてください。朝ご飯にもおすすめです。

二番だしはあらゆる料理に活用できます

二番だしのいいところは、様々な料理に活用することが出来るという点です。醤油や塩などで味を調節することで、だしの味をきかせながら美味しさ溢れる仕上がりになります。その際は決してたくさん調味料を入れすぎないこと。あくまでも二番だしを活かすことをお忘れなく。この他にも煮物など様々なお料理に使える二番だしは、家庭料理に欠かすことができない存在です。是非色んなレシピを試してみて、その美味しさを存分に味わってみてください。美味しさはまだまだ沢山隠れていますよ。

人気No1の出汁はお茶村の旨味だし

© 2019 出汁職人ラボ All Rights Reserved.