1. HOME
  2. だしの作り方や取り方いりこ(煮干し)だしの取り方 ~水出し編~

いりこ(煮干し)だしの取り方 ~水出し編~

20201127_102148_sw

煮干しは、ミネラルを多く含む海からの贈り物です。現代人に不足しがちなタンパク質、鉄分、ミネラル(カルシウム)を豊富に含んでいます。煮干が最も注目されているのは、カルシウムを多く含む食品だからです。特に成長期の子供さんや女性の方には積極的に摂取して頂きたい食品の1つです。煮干しのカルシウム含有量は、食品の中でも上位に位置しています。また、カルシウムの体内吸収率をあげる為には、ただカルシウムだけを取ればいいと言うわけではなく、カルシウムの吸収を助ける働きのあるビタミンDを一緒にとることも重要です。煮干しには、ビタミンDも多く含まれており、とてもバランスの良い食品と言えるでしょう。お味噌汁や煮物など、私達の食生活に上手に煮干しを取り入れていきたいものです。

和食を美味しくする煮干しだし。今回はいりこだしの水出しでの取り方をご紹介します。
水から出す方法は、雑味やえぐみがなくすっきりと上品な味に仕上がります。
煮出す必要がない為、夜寝る前に仕込んで翌朝には使えます。

良い煮干しの見分け方
銀白色で身にツヤがあるものが良く、腹が切れていないものを選びましょう。身はまっすぐよりも軽く「く」の字型に曲がっている方が鮮度が良いとされます。

レシピ

いりこ    30g
水      800ml
1. いりこは頭とハラの部分を取り除きます。取り除くことで、エグミの少ない澄んだ出汁になります。

2. ボウルに水といりこを入れ、ラップをして冷蔵庫に6~8時間入れます。いりこを取り出して、いりこ出汁の完成です。

20201127_103929_s

3. ザルにクッキングペーパーを敷いて、出汁を注いでいりこを除きます。これでいりこ出汁の完成です。

いりこ出汁の保存方法

冷蔵庫保存での日持ちは2日から3日ほどです。冷凍庫での保存は製氷皿に移して凍らせて3週間ほど保存可能です。

 

人気No1の出汁は茅乃舎だし/久原本家

© 2021 出汁職人ラボ All Rights Reserved.